• 事業紹介

    • くらしカフェ
    • あったかほーむいしべ宿
    • 高齢者グループホームわいわい
    • すずらんホーム
    • ホワイトハウス
    • 南花(さざんか)
    • Myホーム
    • 環境保全活動
    • 余暇活動ワイワイ
    • 市民農園
    • 法人事務局
  • 事業・予算

    • 事業計画
    • 事業報告
    • 予算
    • 決算
  • 広報

    • 新・南天通信
    • わいわい通信
    • あったか便り
    • タイ王国からの便り
    • J子のデンマーク記
  • スタッフ募集

    • スタッフ募集案内
    • ボランティア活動案内
  • 会員募集

    • 会員募集の案内
 home > 事業紹介 > 高齢者グループホームわいわい > 運営規定
設備経過 利用料金表 利用案内 運営規定

高齢者グループホームわいわい 運営規定

指定認知症対応型共同生活介護事業所 「わいわい」運営規程

 この規程は、特定非営利活動法人NPOワイワイあぼしクラブが開設する指定認知症対応型共同生活介護事業所「わいわい」の運営規程について、必要な事項を定めるものとする。


(事業の目的)
第1条  本事業所は、老人福祉法及び介護保険法の理念に基づき、要介護状態であって認知症の状態にある者(著しい精神状態や著しい行動異常があるもの、急性期状態にある者を除く。)に対して、介護等の生活援助を行い、利用者がその有する能力に応じた自立した日常生活を営む事ができるようにすることを目指し、認知症高齢者福祉の増進に寄与することを目的とする。


(運営の方針)
第2条  

   本事業所は、前条の目的達成のため、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、保健・医療・福祉関係者や行政機関等との密接な連携に努めるものとする。

 

2 本事業所は、明るく家庭的な雰囲気及び健全な環境の下での生活を確保するため、利用者の人格を尊重し、従業者との信頼関係を基調とする適切な処遇について、不断の努力を行う。

3 本事業所は、共同生活住居において、家庭的な環境の下で、食事・入浴・排泄等の介護その他日常生活上の援助等を行う。


(従業者の職種及び員数)
第3条  従業者の職種、員数及び職務内容は次のとおりとする。
  • (1)管理者          1名 (介護職員と兼務)
  • (2)計画作成担当者     1名  (介護職員と兼務)
  • (3)介護職員        11名 (週32時間以上勤務の常勤6名
  •                    週32時間未満勤務の非常勤5名)
  • (4)看護職員         1名 (非常勤1名)


(従業者の職務の内容)
第4条  従業者の職務は、次のとおりとする。
 (1)管理者は、事業所の従業員の管理、業務の実施状況の把握その他の管理を一元的に行うとともに、従業者に対する必要な指揮命令を行う。
 (2)計画作成担当者は、当該共同生活住居の他の介護職員等と連携して当該計画に基づいたサービスの実施状況を把握し、また、必要に応じて計画の変更を行う。
 (3)介護職員は、認知症対応型共同生活介護サービスの提供を行う。
 (4)看護職員は、認知症対応型共同生活看護サービスの提供を行う。

(利用者の定員)
第5条  利用者の定員は9名とする。

(指定認知症対応型共同生活介護の内容)
第6条  本事業所は、利用者の個別事情を考慮した上、次の各号によりサービスを提供する。
 (1)介護は、利用者の認知症状の進行を緩和し、安心して日常生活を送ることができるよう、妥当適切に行う。
 (2)介護は、利用者の心身の状況に応じ、利用者がそれぞれの役割をもって家庭的な環境の下で日常生活を送ることができるよう、利用者の自立支援と日常生活の充実に資するため、適切な技術をもって行う。
 (3)介護は、利用者の趣味又は嗜好に応じた活動を支援する内容とする。
 (4)利用者の食事その他の家事等は、原則として利用者と共同で行うよう努めるものとする。
 (5)利用者又はその家族が、利用者が日常生活を営む上で必要な行政機関に対する手続きを行うことが困難な場合は、その者の同意を得た上で、当該手続きの代行を行う。

(利用料その他の費用)
第7条  指定認知症対応型共同生活介護の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとし、指定認知症対応型共同生活介護が法定代理受領サービスであるときは、その1割とする。

2 前項の他、次に掲げる費用の額の支払いを受けることができる。
 

  • (1)家賃(個室使用負担)月額55,000円
  • (2)食材材料費(1日3食)月額30,000円
  • (3)管理経費(水道光熱費等)月額13,000円
  • (4)日常諸経費(医薬品、衛生材料等)月額11,000円
  • (5)おたのしみ行事費(新聞代・テレビ視聴料・行事費等)月額6,000円
  • (6)役務費(メンテナンス料、郵便料等)月額5,000円
  • (7)おむつ代・理容代・美容代・占有部分備品使用料・行政手続代行交通費 実費
  • (8)入居時の敷金入居時110,000円

3 前項の費用の額に係るサービスの提供にあたっては、あらかじめ、利用者又は、その家族に対し、当該サービスの内容及び費用について説明を行い、利用者の同意を得るものとする。


(入居にあたっての留意事項)
第8条  利用者又はその家族は、本事業所の利用に当たり、次の各号に掲げる事項に留意するものとする。

  • (1)身上に関する重要事項に変更が生じたときは、速やかにその旨を届け出るものとする。
  • (2)外出及び外泊にあたっては、あらかじめその旨を届け出るものとする。

(非常災害対策)
第9条

    管理者は、自然災害、火災、その他防災対策について、計画的な防災訓練と設備の改善を図り、利用者の安全に対して万全を期するものとする。

2  前項の実施については、年2回以上の非難訓練を行うものとする。


(損害賠償)
第10条 

    本事業所は、サービスの提供に伴って、本事業所の責めに帰すべき事由により利用者の生命・身体・財産に損害を及ぼした場合には、その損害を賠償するものとする。

2 利用者は、故意、重過失により居室または備品につき通常の保守・管理の程度を越える補修等が必要となった場合には、その費用を負担するものとする。


(緊急時の対応)
第11条 

    本事業所は、利用者が病気又は怪我により診断、治療が必要となった場合、その他必要な場合は、利用者の主治医又は本事業所の連携医療機関において速やかに必要な治療等が受けられるよう、必要な措置をするものとする。

2 本事業所は、利用者が急に身体等の具合が悪くなった場合は、医師と連絡をとり、連携医療機関等での救急の治療又は入院が受けられるようにするものとする。

3 本事業所は、サービス供給体制の確保および夜間における緊急時の対応のために、近隣施設と連携・支援体制をとるものとする。 


(苦情解決)
第12条 利用者又はその家族は、提供された介護サービスに苦情がある場合、いつでも相談担当者に苦情を申し立てすることができるものとする。その場合、本事業所は、迅速かつ適切に対処し、サービスの向上、改善に努めるものとする。

(その他運営に関する重要事項)
第13条 本事業所は、従業者に対し、その資質の向上のための研修の機会を次のとおり確保するものとする。

  • (1)採用時研修  採用前又は採用後1箇月以内
  • (2)継続研修   年2回

2 本事業所の従業者は、正当な理由無く、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。

3 本事業所は従業者であった者が、正当な理由無く、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らすことがないよう、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用契約の内容とする。

4 この事項の外、運営に関する重要事項は、特定非営利活動法人NPOワイワイあぼしクラブと事業所の管理者との協議に基づいて定めるものとする。

(附則)

  • この規程は、平成14年12月24日から施行する。
  • この改正規程は、平成16年3月1日から施行する。
〒520-3107 滋賀県湖南市石部東七丁目5番25号
高齢者グループホーム わいわい
TEL/FAX 0748-77-5741   E-mail waiwai@ex.biwa.ne.jp